サンクレーア金山

  • ブログ
  • 物件概要
  • 現地案内図

Amenity / 共用部

機能性と様式美が求められる共有空間。あなたの誇りを満たす上質のアメニティをしつらえました。

ハンドタッチセンサー付きエレベーター
ハンドタッチセンサー付きエレベーター
エレベーターのかご側のドアが開く際に、主に小さなお子さまの指などが、戸袋に引き込まれないようにするための装置です。万が一挟まれた場合には、ドアを停止させ音声で案内します。ハンドタッチセンサーはキッズデザイン賞を受賞しました。
共用階段手すり・エレベーター開口幅のバリアフリー
共用部の階段に手すりを設置し、お子様やご高齢の方も安心。また、エレベーターの出入り幅は80㎝を確保し、車椅子の方にも配慮しています。
地震時管制運転機能搭載エレベーター
地震時に大きな揺れの数秒前にやってくる初期微動を感知する、P波センサー付地震時管制運転を標準装備。センサーが作動すると、より早くエレベータが最寄り階に着きます。
宅配ボックス
宅配ボックス
留守中に届いた荷物を保管する宅配ボックスを設置(各住戸のインターホンに着荷表示)。再配達の手間が省け便利です。
宅配ボックス 受取り手順
ゴミ回収サービス
ご家庭の可燃ゴミは、指定時間内にご自宅の玄関前に出しておくだけ。清掃員が回収し、ゴミ置場まで搬出します。
非接触キー
キーのヘッド部分を操作盤のキーリーダーにかざすだけで、解錠される非接触キーを採用。
365日24時間セキュリティシステム
マンション内を24時間体制で見守るシステムを採用。防犯・火災やガス漏れなどが発生した場合、システムが感知し管理会社や警備会社に連絡。係員が緊急出動して迅速に対応します。
防犯カメラ
敷地内の各所を24時間体制で監視いたします。また、抑止用TVモニターを管理員室に設置し、来訪者や共用部を映し出すことで、不正侵入を未然に防ぎます。
共用部LED照明
共用部の照明器具は低消費電力・長寿命な省エネ対応LED照明を採用。メンテナンスコストを抑えることができる、環境にやさしい照明設備です。(一部除く)
カラーモニター付オートロックシステム
来訪者の顔と声を住戸内のモニターで確認できます。
ペット飼育対応
飼育ルールをあらかじめ設け、その範囲でペットの飼育が可能です。飼わない方にも、気持ちよく暮らせるようにしています。

Amenity / 専用部

住まう人々のプライベート空間となる住戸内。永住仕様ならではの、選りすぐりのアメニティを随所に搭載。

廊下保安灯
夜間に暗がりの中で廊下を照らす保安灯LEDを設置。取り外せば懐中電灯としても利用でき、万一の際にも便利です。
ユニバ−サル仕様の廊下
室内廊下の幅員は、スムーズに通れる約88cmを確保。車椅子の方や介護が必要な方も安心で安全な移動が可能です。 ※幅員は施工箇所により誤差が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
ペアガラスサッシ
窓ガラスには、2枚のガラスを使ったペアガラスを採用。断熱性にすぐれ、結露もつきにくい構造です。
フラットフロア
つまずきによる転倒を未然に防ぐため、住戸内部の床段差を極力なくしました。ご高齢の方や小さなお子様も安心です。
可動式ルーバー面格子
共用廊下に面する窓にはアルミ可動のルーバーを装備。光を取り込みながら、目隠しやセキュリティ効果をもたらします。
24時間換気システム
浴室暖房換気乾燥機のスイッチを入れることで、各室のよごれた空気を屋外に放出し、外から新鮮な空気を取り込みます。
節湯器具
バスルームには手元止水機能付き小流量吐水型の節湯水栓器具を採用しています。
専有部LED照明対応
専有部の照明器具は低消費電力・長寿命な省エネ対応LED照明を採用。メンテナンスコストを抑えることができる、環境にやさしい照明設備です。(一部除く)
光インターネットフレッツ光
大容量のサイトや動画のコンテンツが高速インターネットでスムーズに楽しめます。 ※テレビ視聴(有料チャンネル)、フレッツ光のご利用には、別途費用がかかります。詳しくは係員にお尋ねください。
多チャンネル衛星放送スカパー!
アニメ、映画、サッカー、プロ野球など多数ジャンルの番組をお楽しみいただけます!
玄関内人感センサー
人の動きをセンサーでキャッチすると自動点灯する人感センサーを玄関に採用。必要な時だけ点灯する省エネ仕様です。
ワイドスイッチ
照明のスイッチは、プレ−ト部分が大きく操作のしやすいワイドスイッチを採用。暗がりでも見やすく、軽いタッチでON/OFFができます。
マルチメディアコンセント
電話、FAX、テレビ、パソコンなどに対応するマルチメディアコンセントをLDに設置。(居室は電話、FAXの無いタイプになります。)
ガスコック
ダイニング側にガスコックをご用意。冬に温かいお鍋などを卓上コンロで愉しめます。
フラット35S
サンクレーア金山は長期固定金利住宅ローン【フラット35】S適用マンションです。 ※募集金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了することがございます。詳しくは、フラット35Sサイト(www.flat35.com)にてご確認ください。
直結増圧給水方式
建物内の給水管にブースターポンプを取り付け、直接配水管の水を各住戸へ給水するシステムを採用。いつでも新鮮な水をご利用いただけます。
漏電遮断器
漏電火災を防ぐために、各住戸の分電盤には漏電遮断器を設置。1住戸内に30mAを超える漏電が発生すると、ブレーカーが作動します。

Amenity / 対策部

もしもの時の対策を万全に。あなたの大切な財産をしっかりとお守りします。

地震対策

地震時管制運転装置付エレベーター
地震の揺れを感知すると最寄階に自動停止してドアを開く、地震時管制運転装置付エレベーター。
停電の場合も予備電源で最寄階に停止しドアを開く、停電時自動着床装置付です。

地震時管制運転装置付エレベーター

耐震枠付き玄関扉
玄関ドアには地震により建物が変形した際に、住戸内に閉じこめられる事のないよう耐震枠を採用。万一の際も避難経路を確保できるよう配慮しています。

従来の玄関ドア

■従来の玄関ドア
従来の玄関ドアは、ドア枠とドアのクリアランスが狭いため、ドア枠が歪むとドアと接触して開かない。

サンクレーア金山の玄関ドア

■サンクレーア金山の玄関ドア
耐震枠付ドアは、ドア枠とドアのスペースが広いため、ドア枠が歪んでも開く。

シックハウス対策

SV規格認証のクロス
SV規格は、快適・健康・安全に配慮した壁紙製品を供給することを目的に制定された規格です。各居室のクロスにSV規格認証製品を使用しています。※一部除く
オレフィン系素材を使用した扉
各居室の扉には、燃焼時にダイオキシンの発生を防ぐオレフィン系の素材を使用し、人体だけでなく地球環境にも配慮しています。
ノンホルムタイプの接着剤
クロスの接着剤には、ホルムアルデヒドの発散量が極めて少ないF☆☆☆☆クラス(JIS・JAS最高等級)のものを使用し、健康に配慮しています。

SV規格

※ホルムアルデヒドの空気中の含有量がわずかであっても刺激等を感じる場合があります。お引き渡し後の通風・換気等については充分ご留意ください。SV規格とは、壁紙製品規格協議会加盟各社(2004年10月現在78社)が消費者の皆様に安心してお使いいただける壁紙を提供することを目的として制定した自主規格です。

ホルムアルデヒドの発散量とJIS・JASなどの表示記号と制限

Amenity / エコロジー

大切なエネルギーを効率よく活用。環境への配慮と家計の負担減少を両立するシステムです。

エコジョーズ(24号)
従来のガス給湯器では捨てていた燃焼排気から、熱エネルギーを回収することにより、省エネ性をアップした高効率給湯器「エコジョーズ」を採用。風呂沸かし、給湯までを1台でこなします。現在問題になっているCO2の排出量を削減に貢献し、地球にも家計にもやさしいシステムです。
※1. 従来タイプからのエネルギー削減量(年間)/ガス量(都市ガス13A)…13%、ガス代(12,474円/㎡)…10,429円、[算出根拠]。一世帯当たりの消費エネルギー:給湯15,972MJ/年、暖房13,130MJ/年(家庭用エネルギー統計年報2000度版住環境計画研究所データー)より試算。(リンナイ㈱調べ)※メーカーが想定した使用条件の試験値であり、保証値ではありません。使用条件により、金額は異なります。
エコジョーズシステム概念図
エコジョーズ料金と割引
オートバス
お湯張り、追い焚き、湯温調節などがワンタッチで操作可能。快適なバスタイムを楽しめます。キッチンからも操作できるので家事も楽々。
浴室リモコンと台所リモコン
オートバスのしくみ
節湯器具

節湯器具

従来のシャワー(毎分10L)より35%の節水(毎分6.5L)を実現。お湯と一緒に空気を混ぜて、節水と量感のある浴び心地を両立しました。更に一時止水を可能にするクリックボタンにより、従来比約48%まで節水実現。

節湯器具による節水

超節水トイレ
洗浄水量は大4.8リットル、小3.6リットル、eco小3.4リットルにて洗浄可能。従来型節水トイレに比べて約71%節水となります。
※[試算条件]2016年12月現在〈年間使用日数〉365日〈人数〉家族4人(男性2人、女性2人)〈使用回数〉大1回/日・人小3回/日・人※[省エネ・防犯住宅推進アプローチブック]より〈水道代〉265円[税込]/㎥※(一社)日本パルプ工業会より※消費税率8%で試算しています。)
年間で約14,000円も水道料金がおトク!

※図やイラストはすべて概念図です。写真は一部を除き参考写真となります。

ページの先頭へ